「別室登校」の子ども達をどう受け入れるか| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 「別室登校」の子ども達をどう受け入れるか

不登校コース

ブログ

「別室登校」の子ども達をどう受け入れるか

※京都新聞 

学校に登校しても教室に入れず、保健室や相談室で過ごす「別室登校」の子どもへの対応に焦点を当てた「不登校ネットワーク交流会」(京都府教委主催)が24日、
京都市上京区の平安会館で開かれました。講演やシンポジウムを通して、より良いかかわり方を考えました。

まず初めに京都教育大の本間友巳教授が基調講演をし、「不登校の理由を追究する『原因論』ではなく、『適切な居場所づくり』の視点が必要。という事を述べました。
また、別室登校もその一つで、子どもたちを全面的に受容する場であるべき」と指摘しました。

府総合教育センターの担当者は、2009年度調査で府内の中学生の1・1%が別室登校していたことや、スクールカウンセラー(SC)
などが配置された学校ほど教室復帰率が高い状況を報告しました。

シンポではSCやフリースクール主宰者、高校養護教諭らが「子どもに深くかかわることが大事だが、現場は手が足りない。
加配やSCなど体制を充実させるべきである」「教員やSC、学生ボランティアらの連携が大切。
学校全体で別室登校の子に対する意識を共有してほしい」など、それぞれの立場から課題を指摘しました。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO