きっかけは不登校生からのファンレター 小中学生を試合に招待| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. きっかけは不登校生からのファンレター 小中学生を試合に招待

不登校コース

ブログ

きっかけは不登校生からのファンレター 小中学生を試合に招待


※信濃毎日新聞

日本フットボールリーグ(JFL)松本山雅FCの鉄戸裕史選手(28)と塩沢勝吾選手(28)が、
30日に松本市のアルウィンで開かれるAC長野パルセイロ戦から、
ホーム試合に小中学生と保護者5組を招くことになりました。

子供達を招待するというイベントは、小学校時代に自身も不登校であった鉄戸選手が、
不登校の男子中学生からファンレターをもらったのがきっかけとなっています。

ファンレターは今年、名古屋市内の男子生徒から届いたもの。
手紙には「山雅の試合は自分の生きがい。元気をもらった」と試合を見た感想が書かれていました。

鉄戸選手は、小学校1、2年のときに「何となく学校に行くのが嫌」になり、年間の3分の1ほど学校を欠席。
その後、小2の終わりごろから再び登校できるようになったということです。

今回、鉄戸選手は「同じ経験をした自分の活躍を見せることで力になりたい」と、
同年代で親しい塩沢選手を誘って、子供達を招待することに決めました。

かつてサッカー選手になることを周囲に反対された経験のある塩沢選手。
「ひた向きに努力すれば夢がかなうということを伝えたい」とこのイベントに賛同したそうです。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO