不登校やひきこもりの子どもらの支援活動連絡会| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 不登校やひきこもりの子どもらの支援活動連絡会

不登校コース

ブログ

不登校やひきこもりの子どもらの支援活動連絡会

※カナロコ

横浜市栄区で今月19日に、不登校やひきこもりの子どもをサポートする活動の意見交換会が行われました。
このイベントには、湘南地域のフリースクールの関係者らが参加し、それぞれが見てきた実情をを語っていました。

悩みを抱える子どもたちの相談にのっているヒューマン・スタジオ代表の丸山康彦さんは「不登校の子どもらは自己否定感が強い」と話します。

さらに、東日本大震災で被災した子どもたちが周囲の人と避難所での手伝いをすることで自分たちの役割を見つけて人との絆を実感している、といったことも紹介。
しかし同時に、阪神大震災時に、不登校だった子どもが青空教室には来たのにも関わらず、復興後には再び家から出てこなくなってしまった、などの事例なども語られました。

このような子どもらの自己否定感の克服について、フリースクール湘南憧学校の増田康仁さんは「こういうことを言葉で伝えるのは難しいが、子どもたちにはみんな可能性があると言い続けて行くしかない」と話していました。

また、「最近では『モンスターペアレント』とみなされることを恐れて学校にものを言えない親が増えている」とのことです。
英語講師をしながら子どもたちのサポートにも取り組んでいる黒金玲子さんは「そういった現状があったとしても、強い気持ちを持って学校に発言するのは親の責任の1つ」としています。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO