声に出して| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 声に出して

不登校コース

ブログ

声に出して

子ども達に対して、
恥ずかしがらず、声に出して伝えて欲しいのが

「ありがとう」
「ごめんなさい」

ですペンギン


共に過ごした時間が長いので、
別に言葉には出さず済ませてしまうことも多いでしょう。


なにか物を取ってもらったとき、

「はい、どーも」

って済ませてしまったり、


ちょっとしたミスを指摘されたとき、

「そうだったの、知らなかったわ」

なんて言ってしまったり、

意外に、
キチンと言葉にしていない方が多いようです。


ささいなことでも、
声に出して伝えてあげて下さい、

ありがとう、ありがとね
ごめんね、ごめんよ、ごめんなさい

って。


伝えるのが、ちょっと恥ずかしかったりしたら
今まで声に出せていなかったからかもしれません。

声に出して伝えたとき、
お子さんから「なんだよ、気味がわるいな」なんて言われたら、
やはり、
今までは声に出せていなかったのでしょう。


こうした言葉というのは、
相手の存在を認めることになる、って気がするんです。

声をかけられた方も、
自分の存在や言動を認められている、という気持ちになると思うのです。



だから、

「はい、はい、どーも」

などよりも、

「ありがとうね」

の方が、イイと思うのです。


ありがとう、と言われて
気分のわるい人はいませんしねニコニコ



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO