なんでもかんでも不登校のせいだというわけじゃありません| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. なんでもかんでも不登校のせいだというわけじゃありません

不登校コース

ブログ

なんでもかんでも不登校のせいだというわけじゃありません

例えば中学生の男の子ペンギン

学校へ行かない、
そして、母親の言うことを聞かない。

悩んでいるお母様は少なくないでしょう。



母親が何か言うと反発する。

母親と目が合うだけでイヤそうに目をそらす。

母親が部屋をのぞくと怒りだす。


なにを聞いてもそっけない。

こんなに心配しているのに
こんなにアナタのことを考えているのに、わかろうとしない。

とにかく言うことを聞かない。


そうなると、


「学校は行かないし、親の言うことも聞かないし、
どうしてこんなになってしまったのだろう」と

どうしても悲観的になりがちです。


でも、

親の言うことを聞かないというのは、
それほど珍しいことではありません。

だって、反抗期ですから。


不登校でなくても、
反抗期の子はたくさんいます。

学校へ通っていようがいまいが、
たいてい、この時期の子供達にとって親という存在は

「うざい」んです。


決して、


「不登校だから」というわけではないんです。

決して、
珍しいことでも、特別なことでもないんです。



頭では「いけない」と理解していても、反抗してしまうんです。

それは、本人の成長にとってイイことです。

反抗期は、健全に成長している証ともいえます。



「不登校、それに加えて反抗的」
というのは、
もちろん接するのが大変でしょう。

しかし、実際は
「不登校、だけれどもキチンと反抗期がやってきている」
という状態なのです。

健全な成長過程です。


不登校だから風邪をひく、わけじゃなくて
不登校だろうと、そうでなかろうと、
風邪はひくもの、ってこと。


もちろん、
悩みは尽きないと思います。
でも、決して反抗的な態度は、特別なことではないのです。

いまはつらいかもしれません。

でも、反抗期には必ず終わりがきます。

アタマで理解していることを、
やっと言動で表現できるようになるときが来ます。

そしてそこから、
親孝行が始まりますよ、必ず。

と、ボクは思いますにひひ



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO