想像力とか創造力| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 想像力とか創造力

不登校コース

ブログ

想像力とか創造力

オトナの想像力や創造力なんて、

それはそれは、大したことがないものです。


なにかをイメージしたり、なにかをつくりだしたり、
もっと言えば、
夢を持ったり、希望を抱いたり、

そうしたものを、より備えているのは
オトナと子供、どちらでしょうか。


子供の方が想像力はある、と皆さん答えられることでしょう。

ボクもそう考えていますし、実際、子供たちの想像力などには
目を見張るものがあったりします。



オトナは、夢や希望の前にどうしても生活というか生活感が立ちはだかりますしね、
イメージするといっても、今月の給料であれを買えるか、これは買えないかだったり、
なにかをつくりだすといったって、まずは今夜のゴハンのことだったりするわけです。

どうしても、
オトナは子供たちに比べて想像力が乏しくなるものです。


また、あくまでも傾向ですが、
男性と女性では、どちらかと言うと男性の方が想像力などは大きかったりします。

女性の方がロマンチストに見えそうですけど、
でも発想の中に生活感がちょろちょろと顔を出すのは、やはり女性が多い。
逆に言うと、女性の方がしっかりしているんですよね、それは子供でも一緒。

男の子と女の子で、いつまでも想像力が豊かでいるのは男の子だったりします。

女の子が
「将来はパン屋さんになってママに食べさせる」とか「〇〇くんのお嫁さんになる」なんて、
夢の中にも現実感があったりすることを言っているときに、

同じ年の男の子が
「将来ボクはウルトラマンになる」とか真顔で言っていたりしますからね。



というわけで、
想像力などというものは、女性より男性、オトナより子供、の方が膨らんでいるものなんです。


ってことは、

オトナが子供を育てているということは、
想像力が乏しくなっている人が、想像力の大きな人を育てているのです。

女性である母親が、男性である男の子と接している場合、
そこで生じている想像力の差は、もしかしたら、とてつもなく大きなものかもしれないのです。

まぁ、男女の話はあくまでも傾向でしかないですけどね。



つまり、

ボクたちオトナが想像力をいくら働かせても、
子供たちのアタマの中には、とうてい追いつかないものなんです。

子供たちがイメージしていること、つくりだしているもの、そして考えていること、
それはオトナよりも大きな大きなものであり、
オトナでは、それこそ「想像もつかない」レベルの世界観だったりするんです。


なので、

なので、

「レールを敷きすぎないで下さい」と、ボクはよく言うわけです。



想像力の乏しいオトナが敷いてあげるレールなんて、
大したものじゃなかったりするんです。

もちろん、ある程度の方向性は必要です。
でも、どこまでもどこまでもレールを敷いたって、所詮、オトナの想像力のレベルです。

オトナが自分でイメージした世界をいつまでも敷いたところで、
子供たちにとっては、どうにも面白くないものだったりします、
だって、子供たちの方がよっぽど想像力が豊かで、レールの種類も豊富なはずですから。


そして、想像力の乏しいボクらオトナは、
乏しいがゆえに、その想像力を使わなくなったりします。

だから、敷いてあげるレールも、
ご自分が進んできたレールか、逆に自分が進んでみたかったレールばかりになったり、
また、どっかの本で書いてあったレールや、
近所の誰かと同じレールだったりして、もう想像力のカケラもなくなったりします。

仕方のないことなんですよ、
オトナの方が想像力が乏しいのは仕方がないことです。


だけど、
それを知ってあげなくてはいけません。
いま接している子供たちは、自分よりも大きくて豊かな想像力や創造力を秘めているということを
知ってあげなくてはいけません。



以前に、子供のこころを風船に例えましたが、
想像力や創造力も風船のようなもの。

どんどん膨らもうとしているところへ、オトナが自分の想像力レベルの枠をはめてしまうようなものです。


膨らもうとしても膨らむことができなかったり、
もしくは、早々にバンと割れてしまったり。



繰り返しですが、

オトナの想像力や創造力って、大したことないんです。
そして、それを豊かに備えているのは子供たちなんです。

どこまでも続くレールを敷いてあげるなど、無理があるんです。

そのレールには収まりきれないほどの大きな可能性を秘めているかもしれないのです。
レールを取り払ってあげることで、その想像力などからくる可能性が広がるかもしれないのです。



ですので、

たまには、
子供たちの想像力を認めてあげて、もっと膨らませてあげるイメージで接してあげて欲しいな、と。

そこに余計な生活感やレールを割り込ませずに、
たまには、想像力につきあって、そしてオトナも負けじと想像力を働かせてあげて下さい。



「ウルトラマンになりたい」と言われたとき、

「あんな暑苦しい仕事は大変よ」なんて言うのではなく、

ちょっと、本屋さんに寄ってウルトラマンの生い立ちでも一緒に調べてみるとか、

それくらい、つきあってみて下さい。


それくらいやっていたら、保護者の方も想像力などが膨らむかもしれません、子供の頃のように。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO