大きなアタマ| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 大きなアタマ

不登校コース

ブログ

大きなアタマ

ボクは不登校生の保護者向けにメルマガをやっているのですが、

最近になって、その配信ペースを落としました。

以前は平日ほぼ毎日のペースでメルマガを送っていたのを、

週1〜2回くらいにペースダウンしたんです。


毎日なんて書いてられないから、という理由じゃないですよ、

ちょっと思うところがあって、そうしてみました。


このブログで記事を書いているときもそうですが、

よく「『気づき』をありがとうございます」などと、暖かい感想を頂いたりします。

メルマガの記事や、ブログの記事で、

「気づかされました」とか「参考になりました」とか、そうした感想は嬉しいものです。


でも最近、ちょっと思ったのは

「気づき」ばかりではダメなんじゃないかな、ってこと。

参考にして頂けるような内容を知ってもらっても、

それを、実際に本人と触れあう中で試してみたりとか、

また生活の中でテーマにしてみたりとか、それを繰り返してみたりとか、

そんな、“実践”の機会がないといけないな、と感じ始めました。


「気づき」は、イイことですけどね、

「気づき」ばかりが蓄積されても、あんまりプラスにならないこともあるんじゃないかな、と。

乱暴に言えば、

「アタマでっかち」になってしまうことを危惧するんです。


子供たちと接するうえで、

もちろん、知識があることはプラスです。

それに、

「ああしてみよう」「これをやってみよう」という心がけも大切なことです。


だけど、

例えば、メルマガなりブログなりで参考になるようなことを「情報」として集めていても、

そればかりになっては、「やってみよう」という機会を失ってしまいかねないな、と思うわけです。


もしも過去のブログ記事で参考になったことがあれば、

それを“実践”してみたり、心がけてみたり、というテーマをもって

1週間でも1ヶ月でも、いや2〜3日でも過ごしてみるようにして頂きたいな、と。


「気づき」とか「参考になること」を、“コレクション”するのが目的じゃないですからね。

それを通して、保護者の方だけではなく本人たちの日々がプラスになることをボクは願います。


ボクのブログに限らず、

他の方の書かれているブログなどでも、「気づき」を得ることはあると思います。

でも、それを実際の生活の中でテーマにしてみることこそ、

その「気づき」が生かされるのではないかな、と感じています。


不登校である本人に対して、

「こういう風に接すればイイ」

「このような現象を○○という」

「これはNGだ、これはOKだ」

などと、“評論”をすることはできても、実際に動くとなると、なかなか難しい。

だからこそ、機会をもって欲しいな、と。

自分で発信しておいて言うのもなんですが、

「気づき」や「参考になること」を得るばかりが目的になって欲しくはないな、と。

メルマガを毎日のように配信してアドバイスなどさせて頂くよりも、

1つの「気づき」を、ちょっと実践してみて欲しいな、と。

ブログを読んで参考になって満足してしまうのではなく、

それを、ちょっとテーマにした日々を意識してみて欲しいな、と。

そんな気持ちの今日この頃です。


所詮、ボクは他人ですからね。

ボクの言うことなんかよりも、

保護者の方が実際に本人と接していく中で「気づき」を得ることだってあるでしょうし、

それがものすごく価値のあることだったりもします。

繰り返しですが、

知識は大事ですし、「気づき」や「参考になること」も大切です。

でも、それを生かすことこそが、

大変かもしれませんけど、もっと大切ですし、

そうした“実践”の中で得る「気づき」の価値は大きいです。


ブログなどを読んで参考になることがあったら、

「次はどんな参考になる記事が書かれるだろう」

「次はどんな『気づき』を得られるだろう」と“コレクター”なってしまうだけではなく、

その意識を、その目を、

本人の方へ移してあげて欲しいな、と思います。

1つの「気づき」や、ちょっとした「参考」を

数日の間でも、いや1回きりでも2〜3回でもイイので、

“実践”したりテーマにして本人と接したり、日々を過ごしたりしてみて下さい。


「気づき」ばかりが山ほどたまって、“アタマでっかち”にならないように。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO