歯を食いしばる時と食いしばらない時| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 歯を食いしばる時と食いしばらない時

不登校コース

ブログ

歯を食いしばる時と食いしばらない時

ボクのスタンスは基本的に、
「無理しなくてイイですよ」「頑張りすぎなくてイイですよ」というものです。

ブログのタイトルの通りですね、
不登校なら不登校で別にイイじゃないか、無理することなく過ごしていきましょう、大丈夫ですから、

という感じです。


しかし、

時には、「頑張るぞ」という気持ちが大事になってきたり、もしくは必要だったりする場面はあります。

歯を食いしばって頑張ったり、耐えたりした方がイイ、という場面はあります。


自分の夢や目標に向かう時、
あと一歩で何かを得られそうな時、

逆に、
とってもピンチになった時、

また、自分のためではなく
大切な人が困っている時、

などなど。

「無理せずいこう」「別にイイじゃないか」ではなくて

「頑張ろう」「頑張らなくちゃ」という場面は、誰にでも訪れると思います。



いつ、どんな形で訪れるかはわかりません。

そんな場面ばっかりだと疲れてしまいますし、
ココロとカラダのバランスが崩れてしまいますが、

でも、誰にでも訪れるものだと思います。



自分が、どのタイミングで頑張るか、歯を食いしばるか。

自分自身で「ピン」ときたら、
ちょっと歯を食いしばってみた方がイイというタイミングかもしれません。

「ピン」ときたら、
歯を食いしばってみて、
背筋を伸ばして、カッと目を見開いて、握りこぶしでも作って、オナカから声を出して、
頑張るタイミングかもしれません。



そんなこと言われても、
「ピン」とか意味わかんない、という方もいらっしゃると思います。

確かに、よくわかんないですね、「ピン」とか言われても。

だとすれば、

いつが頑張る時なのか、
いつが無理しなくてイイという時なのか、という判断は、
どのように下せばイイのでしょう。



本当は、
自分のことを知っていて、かつ客観的に見てもらえるプロが判断するのがベストです。

「ココは頑張れ」
「今は無理してはダメだ」

と、ハッキリ言ってもらえるならベストです。



しかし、
日常的にカウンセリングを受けてでもいない限り、
すぐ近くにプロがいて、アドバイスをもらえる、という状況なんて無いと思います。

そうなると、
やはり判断するのは、自分自身になってしまう。


だったら、
自分自身の「判断力」を高めておけばイイのです。

自分で判断をするときに、
大きく間違ってしまわないように、しておけばイイのです。

歯を食いしばらなくてイイ時なのに、ギリギリと食いしばってしまわないように、
逆に、
今が頑張りどころというタイミングで、「まぁイイや」と投げだしてしまわないように、

その判断力を高めておきましょう。




では、どうやったら判断力は高まるんだ、という話ですが、それはシンプル。

人と話すこと、人と触れあうことに尽きると思います。



他人の考え、他人の経験、他人の価値観を知れば知るほど、
自分自身の判断基準というものが洗練されていきます。


広い意味では読書やセミナー参加などでもイイでしょう。

でもまぁ、やっぱり誰かと話した方がイイです。
ネット上のやりとりでも構いません、他人と触れあった方がイイです。

触れれば触れるほど、判断力は高まります。



自分だけの考えだと、どうしても判断基準が偏ってしまいますからね、
これは誰でも同じこと。

大まかに言えば、
視野が狭くなってしまっていないか、それとも視野を広げられているか、ということです。

視野を広げるには、
知らない人と話したり、知らない場所へ足を踏み入れてみたり、そんなことが効果的。

視野の広さは、判断力を高めます。



で、

判断力が高まると、

「ピン」とくるようになるわけです。


で、

「ピン」ときたら、
ちょっと歯を食いしばって、背筋を伸ばして、カッと目を・・・


あとは、お任せします。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO