私立一貫校の場合| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 私立一貫校の場合

不登校コース

ブログ

私立一貫校の場合

このブログをご覧になっている方で
どれくらい、あてはまるかはわからないですが

私立の一貫校に進学して、その後に不登校、という生徒が増えています。

以前にも書きましたが、
ここ数年で、非常に増えています。


私立であっても、公立であっても、子供は子供。
そこになんら差がない場合もありますが、

ただ、学校のシステムについては私立と公立では差があります。

もちろん、私立一貫校といってもそれぞれなのですが、
しかし、
私立だからこそ、悩みが大きくなる、ということは少なくありません。


ボクは横浜在住在勤のため、
これまでに接してきた私立生は、
ほとんどが神奈川県内あるいは都内の学校へ通っています。

他に相談を受ける方の中でも、
私立一貫校については、首都圏以外ですと、関西地区と愛知の方が大半です。


なので、他の地域では違うケースもあるかもしれない、という前提ですが、


私立一貫校で不登校の生徒については、
進路の選択肢、を早めに持ってほしい、と思います。


「なにもしなくても高校へ進学できる」
というのが私立一貫校のイメージですが、
中学時代に不登校の生徒に対して、そこまで親切な学校は少ないです。

「中学4年生」というシステムをとる学校もありますからね。


また、
高校へ進学できたとしても、
今度は当然、「留年」や「退学」というプレッシャーとの戦いになります。

そして、
高校に入ってからも周囲のメンバーも雰囲気も変わらなかったりします、
みんなそのまま中学校からエレベーターに乗ってくるわけですから。

高校からの外部募集もする学校もあります。
また、高校進学を機にガラッとクラス編成の変わる学校もあります。

が、
外部募集をしない学校は、高校に入ってからも
たいして雰囲気は変わりません。

もしも学校での人間関係が苦手で不登校になっている場合、
高校へ進学したところで、その環境にほとんど変化はありません。



そして、
勉強面に関しても悩みは生じます。

ほとんどの学校は、公立よりも学習進度は早いです。
公立中の3年間で学習する内容を、
2年生までに終わらせる私立中は珍しくありません。

そして、中学3年生のころには高校課程の学習を進めることになります。

しばらく休んでしまった生徒が、
復帰して、学習内容を取り戻そうと頑張ってみても、
それは公立と比べて大変になります。



なにも、
私立に通っている方を、おどしているわけではありません。


横浜という立地上、
私立生を担当することは多いのですが、

中学時代に不登校で、高校進学を機に同じ学校へ復帰した
という生徒も確かにいます。

ただ、
正直、最も多いのは「転校」「高校受験」というケースです。

転校することで、
また、私立一貫校を出て高校受験をすることで、
本人が楽になった、というケースの方が多いです。



しかし、
こうした提案について、最も悩まれてしまうのは保護者の方々なんですよね。

本人は、

「あんな学校、行きたくないよ」
「違う学校なら、通えるかもしれない」

などと言っていても、

ご両親からすれば、

「せっかくあんなに勉強して入ったのに」
「頑張って受験をしたのに、また受験だなんて」
「なんのために私立に入ったんだ」
「そのまま大学まで行けるのに、もったいない」

という気持ちはつきまといます、それは仕方がありません。


でも、
いま学校へ行けない(行かない)状況である以上、
やはり、先のことについて大人のレベルでは考えておかねばなりません。

中3の冬くらいになって、
「もう他校へ出て行って下さい」などと学校から言われて、

「お願いです、学校へ残して下さい」などと頼んでみることが、
本当に本人のためになるかどうか、
早めに検討してあげる方がイイです。

そして、
転校や高校受験、などといった“勇気”を要する決断、という選択肢も
心構えとしては、持っていて頂いた方が
本人にとって、よりよい選択の一助になることでしょう。


だから、
進路については、早めに検討だけでもしてあげておいて下さい。


せっかく合格したんだから、とか
また受験をするのか、とか
このままガマンすれば大学まで行ける、とか

そうした理由で「学校に残る」、

という以外の選択肢も、考えてあげておいて下さい。



ちなみに、
ボクは私立一貫校を否定しているわけではないですよ。

どちらかと言うと、“私立派”ですし、
結婚して子供ができて、そして本人が希望するようなら
間違いなく中学受験はさせると思います。


だけど、
私立に通う不登校生、その保護者の方には
現実は現実として、知っておいて頂きたいな、と。


よく、
「私立だから大丈夫」という声も聞くのですが、
それは“幻想”です。

もちろん、学校によって大きく差はあります。

不登校生に対して、とても熱心にサポートしている学校もあれば、
通えないなら容赦しない、というスタンスの学校もあります。

特に都内は差が大きいです。



いずれにしても、
エレベーターで高校へいける、大学へいける、というシステムは
全ての生徒にとって居心地がイイ、というわけでもないんです、

ってことを、

少しでも、知っておいて頂ければな、と。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO