病院とクスリ| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 病院とクスリ

不登校コース

ブログ

病院とクスリ

これは、個人的な意見だと思って下さい。
ま、いつもボクは
自分の意見などなどを好き勝手に書かせてもらっていますが、
今回は特に、
「個人的な意見」と強調しておきますね。

つらいとき、
あるいは、お子さんがつらそうなとき、
病院を頼ることについて、ボクは賛成です。

心療内科・精神科など、
どんどん利用してもらいたいですし、
行ってみた病院でちょっと疑問があったりしたら、
メンドウでも別の病院へ行ってみて欲しい。
それくらい、
ボクは、「病院肯定派」というか「病院推進派」です。

どちらかといえば、
カウンセラーよりも、
心療内科・精神科へ先に行ってもらいたい。

しかし、
なかなか心療内科・精神科へ通うことに抵抗をもたれる方は多いです。
イメージの問題だけなんですけどね。
どうしても、「精神科へ通っているんだ」とは
周囲にも言いづらい、ってイメージがあるかと思います。
それでもボクは、病院へ行くことは
基本的におすすめします。

逆に、
慎重になって欲しいのは、クスリ。

言うまでもないですが、
合う合わないの差が個人的に大きいですし、
「特効薬」みたいなものは、それなりのリスクがありますし、
これは慎重になって欲しいです。

「眠れない」
「じゃあこのクスリ飲んで」
「おかげでグッスリ眠れました!」
これが、
ある人にとっては「解決」であっても、
別の人にとっては、全く「解決」にならない、ということです。

「元気がでない」
「じゃあこのクスリ飲んで」
「おかげで元気です!」
これも同様。

なので、
病院推進派のボクでも、すぐにクスリを出す場合には
ちょっと慎重になって欲しいです。
初診であるにもかかわらず、
多くのクスリを簡単に出す、とか
たいした説明もなしにクスリを出す、とか
そういうことがあったら
できれば、
そのクスリを持って、すぐに別の病院へ向かってもらいたいな、と。

もちろん、クスリ自体を否定しているわけじゃないですよ。
でも、慎重に、ということです。

ってのが、
ボクの「病院」や「クスリ」に対する考え方です。

だけど、
心療内科・精神科って、
予約待ちのところが多いんですよね。
あとは、どうしても都市部に集中してしまっている。
その辺の問題は、
正直、今すぐどうにかなるものでもありません。
残念ですけど。

でも、もし
「じゃあ病院の利用をしてみようかな」と思われましたら
あきらめず、根気よく、探してみて下さい。
せっかく探しあてた病院がイマイチだったら、
別の病院を、あきらめず、根気よく、探してみて下さい。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO