【退学2回、だけど大学へ行きたい2】あきらめていた高卒認定| ブログ|不登校コース|横浜駅から徒歩5分の個別指導塾REO

  1. 不登校対応REO
  2. ブログ
  3. 【退学2回、だけど大学へ行きたい2】あきらめていた高卒認定

不登校コース

ブログ

【退学2回、だけど大学へ行きたい2】あきらめていた高卒認定

初めて対面した彼は、
ふくれっつら、でした。

コチラが何か悪いことをしたか、と考えてしまうほど
彼はボクに対して、
ずっと、怒った表情を崩しませんでした。状況的に、
高校生からやりなおす、という選択肢はなく、
彼の「やりたいこと」へ向かって進むには、
まず「高卒認定」の取得が目標となります。

お母様へ、そんな話をして、
その後は彼と二人きりにさせてもらいました。

高卒認定→大学受験、という選択は
彼も考えていたようです。

しかし、
その時点では、ほとんどあきらめているようでした。

高卒認定というものの取得が
とてつもなく難しいもので、
かつ、教えてもらうには高額な費用が発生する、と
思い込んでいたのです。

実際、
簡単にとれる、というものではないですが、
小学校高学年から中学生くらいの学力があれば
そんなに大げさなほど難しいことはありません。
また、取得のしやすいシステムにもなっています。

でも、彼の頭にあったのは、
「高卒認定をとるのは厳しい」
「高卒認定をとるにはオカネがかかる」ということばかり。

どうやら、それは
これまでに接してきたサポート校の人やカウンセラーから
投げかけられていた言葉だったようです。

営業のために、あれやこれやと言われたことで
彼の中で「高卒認定」というハードルがどんどん高くなり
そして、ボクと会ったころには、すでにあきらめモードだったよう。

あとは、
学校をやめ続けている、なのにまだ進学を希望している、という
「ひけめ」を、両親に対して感じてもいたようです。

ボクは、
高卒認定取得という目標は十分に現実的だし、
そこまで高額な費用も必要ない、
という話を彼にはしました。

でも、彼は信じてくれませんでした。

「うまいこと言ってるよ、またダマされるのか俺は」

って思った、と
後になって彼が教えてくれました。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


不登校|個別指導塾REO